fc2ブログ

1障害の理解 1206

1障害の理解

2障害の医学的側面の基礎的知識
1)身体障害 →○聴覚障害、言語機能障害の種類と原因と特性

問題は全て正解・解説は省略
1 聴覚障害のある人は、難聴者、中途失聴者、ろう者に分類される。
2 難聴者とは、補聴器等を用いて言葉が少し聞こえ言葉でのコミュニケーションが可能な人のことをいう。
3 難聴者の介護を行う場合は、明るい静かな場所でゆっくり反し、介護者の意志が十分に伝わったのか確認する必要がある。
4 中途失聴者とは、人生の途中で耳が聞こえなくなった人で話し言葉は明瞭であるが、ほとんど聞こえない者をいう。
5 ろう者とは、話し言葉が不明瞭な場合が多く手話によるコミュニケーションが中心である。
6 聴覚障害は損傷の部位によって、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴にわけられる。
7 伝音性難聴とは外耳と鼓膜及び中耳、つまり音を伝える器官の障害による難聴である。
8 感音性難聴は内耳か又は聴覚神経に障害がある難聴で医学的な治療が困難である。
9 混合性難聴は伝音性難聴と感音性難聴の両方の特徴を併せ持った難聴である。
10 老人性難聴は高音域から始まる。
11 言語障害とは、発音が不明瞭であったり、普通のリズムで話せないために話し言葉が不明瞭であったりする状態をいいます。
12 言語障害の原因として、進行性筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、喉頭がん、脳性麻痺、脳血管障害によるものなどがある。
13 発話が困難な言語障害のある人については、コミュニケーションエイドなどを用いてコミュニケーションを図ることが可能である。
14 失語症とは正常な言語を習得した成人の言語の理解や表出が障害された状態をいう。
15 失語症には、運動性失語、感覚性失語、全失語、失認症、失読症などがある。
16 音声言語習得の中途失明者の場合、時間が経つと発音の明瞭度は低下することが多い。
17 発声障害には、咽頭(いんとう)摘出により食道発声が必要になるような場合のほかに、心理的な原因によるものも含まれる。
18 吃音(きつおん)では、構音は明瞭でも話し言葉の流れに障害があり、場面や相手によってその状態は左右されやすい。

スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん


カウンターカウンター


管理画面


福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

QアンドA集
QアンドA集


35回試験用問題集
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニ技術
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
心と体のしくみ
医療的ケア
総合問題




第36回筆記解答・解説
第35回筆記解答・解説
第34回筆記解答・解説
第33回筆記解答・解説
第32回筆記解答・解説
第31回筆記解答・解説
第30回筆記解答・解説
第29回筆記解答・解説
第28回筆記解答・解説
第27回筆記解答・解説
第26回筆記解答・解説
第25回筆記解答・解説
第24回筆記解答・解説







社会福祉振興センター



介護福祉士HP

介護福祉士試験QandA






年齢別理想体重評価
BMIを計算します




モデル体重に惑わされちゃ駄目!