fc2ブログ

10こころとからだのしくみ 1203

10こころとからだのしくみ

11 排泄に関する問題
問題は全て正解・解説は省略
1 腎臓は老廃物を血液からろ過し、尿として排泄する役割を果たす。老廃物の蓄積は尿毒症を引き起こす可能性があるため、タンパク質摂取を制限する必要がある。
2 尿の漏れを「尿失禁」、尿の排出が難しいことを「排尿困難」と呼ぶ。
3 夜に2回以上排尿を行う状態を「夜間頻尿」と言いう。
4 腹圧性尿失禁は、急な腹圧上昇によって尿が漏れる状態を指す。
5 腹圧性尿失禁は骨盤底筋のゆるみによるもので、骨盤底筋のトレーニングが改善に役立つ。
6 切迫性尿失禁は、強い尿意が急に起こり、尿をコントロールできない状態のことである。
7 切迫性尿失禁の治療には、膀胱収縮を抑える薬物が効果的である。
8 溢流性尿失禁は、尿道の開閉障害や膀胱筋の収縮力の低下により、少量の尿が漏れる状態である。
9 人工膀胱は膀胱の摘出後に代替膀胱を作成する手術を指す。
10 人工膀胱には回腸導管、蓄尿型人工膀胱、自排尿型人工膀胱、尿管皮膚瘻の4つの種類が存在する。
11 便秘を解消するために、鎮痛剤や抗うつ剤などの薬物も原因となることがある。
12 機能性便秘には、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘などの種類がある。
13 弛緩性便秘は腹筋力の低下により、腸の運動が弱まる原因とされる。
14 弛緩性便秘の主な原因は大腸の蠕動運動の低下である。
15 痙攣性便秘はストレスや睡眠不足により腸が過敏に反応し、便の通りが悪くなる状態である。
16 直腸性便秘は便意があるにも関わらず排便を我慢し続け、直腸が鈍感になる状態である。
17 寝たきりになると腸管の動きが低下し、便秘のリスクが高まる。
18 麻薬性鎮痛剤は便秘の副作用を持つことがある。
19 過活動膀胱は急な強い尿意を感じ、我慢できずに排尿してしまう障害である。
20 機能性尿失禁は排尿器官や神経系に問題がなく、排泄動作をコントロールできないために漏れる状態である。。
21 心因性頻尿は心理的緊張により尿意が誘発され、そのことに強くこだわる病態である。
22 多尿の原因として糖尿病があり、血中ブドウ糖の増加が尿量を増やすことがあります。
23 膀胱炎は排尿時の痛みを伴うことがある。
24 便失禁は便をコントロールできず、漏らす状態を指す。
25 腹圧性便失禁は腹圧が急激にかかると便が漏れるタイプの失禁である。
26 切迫性便失禁は急な便意を感じて我慢できずに漏れるタイプの失禁である。
27 溢流性便失禁は便が蓄積し、あふれ出すタイプの失禁である。

スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん


カウンターカウンター


管理画面


福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

QアンドA集
QアンドA集


35回試験用問題集
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニ技術
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
心と体のしくみ
医療的ケア
総合問題




第36回筆記解答・解説
第35回筆記解答・解説
第34回筆記解答・解説
第33回筆記解答・解説
第32回筆記解答・解説
第31回筆記解答・解説
第30回筆記解答・解説
第29回筆記解答・解説
第28回筆記解答・解説
第27回筆記解答・解説
第26回筆記解答・解説
第25回筆記解答・解説
第24回筆記解答・解説







社会福祉振興センター



介護福祉士HP

介護福祉士試験QandA






年齢別理想体重評価
BMIを計算します




モデル体重に惑わされちゃ駄目!