fc2ブログ

1医療的ケア 0302

1医療的ケア

1:医療的ケア実施の基礎ノンストップ問題
省略
2:喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)ノンストップ問題

問題すべては正解・解説は省略
1 喀痰の鼻腔内吸引は、吸引圧をかけた状態で吸引チューブを挿入すると皮膚を傷つけるためチューブを折り曲げるなどして圧をかけない状態で挿入する。
2 喀痰の鼻腔内吸引は、効率的に痰などを吸引するために、少しずつ回転させ抜きながら行う。
3 喀痰の鼻腔内吸引は、吸引チューブを回転させながら吸引する
4 喀痰の気管内吸引は、カテーテルは滅菌したものを滅菌操作で行う。 
5 介護福祉士が医師の指示の下で行う喀痰吸引の範囲は咽頭の手前までである。
6 喀痰吸引等研修により介護福祉士は医師の指示や看護師との連携のもと「たんの吸引」「経管栄養」が実施できるようになった。
7 喀痰吸引物は吸引びんの70~80%になる前に廃棄する。
スポンサーサイト



3人間の尊厳と自立 0301

3人間の尊厳と自立

2介護における尊厳の保持・自立支援1)人権と尊厳→〇ノーマライゼーション(介護の基本と共通)

問題はすべて正解・解説は省略
1 ノーマライゼーションとは一般的には、障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方をいう。
2 ノーマライゼーションの理念はバンク・ミケルセン(デンマーク)が知的障害者のためにできるだけ正常に近い生活を提供しようとする発想から始まった。
3 ノーマライゼーションとは,障害のある人たちが一人の市民として普通に生活できるように,社会の仕組みを変えていくことである。
4 ノーマライゼーションの理念は,我が国の障害者福祉の基本的理念として,障害者基本法の目的の中に取り入れられている。
5 ニィリエ(Nirje,B.)(我が国ではニルジェともいう)は,ノーマライゼーションを具体化する原理を整理した。
6 ノーマライゼーションの理念は,障害者や高齢者を特別な人として扱うのではなく,生活を通常の市民生活に近づけることを目標としている。
7 ノーマライゼーションの理念は,1950年代にデンマークで提唱されたもので,当時の身体障害者の施設処遇に対する厳しい批判に基づいている。
8 ノーマライゼーションの思潮と軌を一にして,欧米を始めとする多くの国で,障害児教育の統合化や障害児・者施設の小規模化が進んできた。
9 ノーマライゼーションの意味は,障害のある人たちを一人の市民として地域で普通に生活できるように社会の仕組みを変えていくということである。
10 1981年の国際障害者年のメインテーマであった「完全参加と平等」は,ノーマライゼーションの理念に基づくものである。
11 ノーマライゼーションの理念は,我が国の障害者福祉の基本的理念として,障害者基本法の目的の中に取り入れられている。


2人間の尊厳と自立 0229

2人間の尊厳と自立

2介護における尊厳の保持・自立支援1)人権と尊厳→○権利擁護・アドボガシー○人権尊重○身体的・精神的・社会的な自立支援

問題はすべて正解・解説は省略
1 虐待の一つである「ネグレスト」とは介護の放棄等のことである。
2 地域包括支援センターでは、高齢者の虐待防止、悪徳商法に対する権利擁護に関しての支援を行っている。
3 介護福祉士には専門職として利用者の権利を擁護する姿勢が求められる。
4 介護保険法の施行にあわせ、介護施設での身体拘束が禁止された。
5 自立生活運動(IL運動)はアメリカで始まった運動で、障害者であっても自分の判断で生活を管理し主体的に生きていこうとするものである。
6 アドボガシーとは援助過程において援助者が、利用者の権利を擁護するための活動である。
7 アドボガシーとは代弁や権利擁護の意味で用いられる。
8 エンパワメントとは利用者やその集団、コミュニティなどが自らの力を自覚して行動できるよう、サポートすることをいう。
9 エンパワメントアプローチとは、利用者の持っている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用・援助することをいう。
10 インフォームド・コンセント( informed consent)とは説明を受け納得したうえでの同意という意味である。
11 ストレングス(strength)とは援助を要する者がもっているプラス面の強みのことである。
12 パターナリズム(paternalism)とは強い立場にある者が、弱い立場にある者の利益のためだとして、本人の意志は問わずに介入・干渉・支援することである。
13 すべての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指す、「障害者差別解消法」(平成25年6月)が制定した。
14 留岡幸助は日本の社会福祉の先駆者で、感化院(現在の児童自立支援施設)教育を実践。北海道家庭学校の創始者として知られる。
15 山室軍平は救世軍の創設にかかわり,廃娼運動や禁酒運動などの活動に貢献した。
16 石井十次は日本で最初の「岡山孤児院」を創設して、生涯を孤児救済に捧げた。また石井亮一は日本で最初の障害児施設である「滝乃川学園」を創設した。
17 生江孝之は「社会事業の父」とよばれている。 『社会事業綱領』の著書がある。
18 岡山県知事の笹井信一は現在の民生委員制度の基礎となった「済世顧問制度」を創設した
19 横山源之助は明治期に活躍したジャーナリストで 代表作「日本の下層社会」という著書がある。
20 糸賀一雄は近江学園の設立者であり、「この子 らを世の光に」と唱えた言葉は有名である。
21 井上友一は内務官僚として感化救済事業を推進した。(注釈:感化救済事業というのは、明治政権下における内務省が明治41年から大正中期まで行政用語. として用いた救済事業の呼称です)



1人間の尊厳と自立 0228

1人間の尊厳と自立
1人間の尊厳と自立1)人間理解と尊厳→○人間の多面的理解

問題は全て正解・解説は省略
1 障害者基本法の第3条では「すべて障害者は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する」とし人間の尊厳についての理念を示したものになっている。
2 「自立」とは心身の障害等によって生活支障を生じている人の生活自立のことをいう。
3 「介護保険法」の第2条では「保険給付の内容及び水準は、被保険者が要介護状態となった場合においても、可能な限り、その居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮されなければならない」としている。
4 「社会福祉法」の第3条では福祉サービスの基本理念が、また第5条では社会福祉サービス提供の原則が示されている。
5 「障害者総合支援法」では、すべての国民は、障害者等が自立した生活が営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならないと、規定している。
6 「障害者総合支援法」では「この法律において「障害者」とは、身体障害者福祉法第四条 に規定する身体障害者、知的障害者福祉法 にいう知的障害者のうち十八歳以上である者及び精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第五条に規定する精神障害者(知的障害者福祉法にいう知的障害者を除く。以下「精神障害者」という。)のうち十八歳以上である者をいう。」と規定されている。
7 「高齢者虐待防止法」(平成18年4月施行)では養護者による高齢者虐待防止、養護者に対する支援を定めるとともに介護施設従事者等による高齢者虐待防止についても定められている。
8 「日本国憲法」では第25条で生存権を規定している。
9 世界史のうえで、最初に生存権を憲法に掲げたのは、ドイツのワイマール憲法であるといわれている。
10 世界人権宣言の第22条では「すべての人は社会の一員として、社会保障を受ける権利を有し、かつ、国家的努力及び国際的協力により、また、各国の組織及び資源に応じて、自己の尊厳と自己の人格の自由な発展とに欠くことのできない経済的、社会的及び文化的権利を実現する権利を有する」と規定している。


2人間関係とコミュニケーション 0227

2人間関係とコミュニケーション

2コミュニケーションの基礎1)対人関係とコミュニケーション→○対人関係・コミュニケーションの意義○対人関係・コミュニケーションの概要2)コミュニケーションを促す環境3)コミュニケーションの技法→○対人距離4)道具を用いた言語的コミュニケーション→○機器を用いたコミュニケーション○記述によるコミュニケーション〇手話等


問題はすべて正解・解説は省略
1 コミュニケーションとは、複数の人間や動物が意志、感情、情報などの伝達を行うことをいう。
2 コミュニケーションには、言語的伝達媒体(言葉)と非言語的伝達媒体(表情、動作、視線など)がある。
3 対人援助では、利用者との関係を築き、援助を効果的に行うために、コミュニケーションが重要である。
4 コミュニケーションがうまくいかないと、利用者のニーズを正確に把握できなかったり、援助が受け入れられなかったりすることがある。
5 コミュニケーションの技法には、傾聴、共感、質問、明確化、繰り返し、感情の反射、場面構成などがある。
6 認知症高齢者は、記憶や認知機能の低下により、コミュニケーションが困難になることがある。
7 認知症高齢者との対人援助では、利用者の理解力や記憶力を考慮して、わかりやすい言葉で話す。
8 認知症高齢者との対人援助では、利用者の表情や動作に注目して、非言語的なコミュニケーションにも配慮する。
9 認知症高齢者との対人援助では、利用者の過去の記憶や経験を活用して、コミュニケーションを促す。
10 障害者には、聴覚障害、視覚障害、知的障害、発達障害など、さまざまな障害がある。
11 障害者とのコミュニケーションでは、その障害の特性に合わせた方法をとることが重要である。
12 カウンセリングでは、クライエントの話を傾聴し、共感することで、クライエントの心の奥にある気持ちや考えを理解し、援助を提供する。
13 カウンセリングにおけるコミュニケーションの技法には、傾聴、共感、明確化、繰り返し、感情の反射などがある。
14 コミュニケーションは、双方向のやりとりである。
15 コミュニケーションは、相手を尊重し、理解しようとする姿勢が大切である。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん


カウンターカウンター


管理画面


福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

QアンドA集
QアンドA集


35回試験用問題集
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニ技術
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
心と体のしくみ
医療的ケア
総合問題




第36回筆記解答・解説
第35回筆記解答・解説
第34回筆記解答・解説
第33回筆記解答・解説
第32回筆記解答・解説
第31回筆記解答・解説
第30回筆記解答・解説
第29回筆記解答・解説
第28回筆記解答・解説
第27回筆記解答・解説
第26回筆記解答・解説
第25回筆記解答・解説
第24回筆記解答・解説







社会福祉振興センター



介護福祉士HP

介護福祉士試験QandA






年齢別理想体重評価
BMIを計算します




モデル体重に惑わされちゃ駄目!