fc2ブログ

4発達と老化の理解 0928

QアンドA
適応機制Adaptive mechanism=防衛機制をまとめるとどうなりますか?




福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

4発達と老化の理解

3老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
1)老化に伴う心身の変化の特徴 →○防衛反応(反射神経)の変化 ○回復力(抵抗力)の変化 ○適応力(順応力)の変化
問題
1 要介護状態によって欲求が充足されない状態が続くことは適応機制による行動を引き起こすことがある。
2 ライチャードは引退後の男性を対象に、サクセスフル・エイジングができている人と、そうでない人の人格傾向を5つのタイプにまとめた。
3 マズロー( A.H.Maslow アメリカの心理学者)の欲求段階説は、人間の欲求は,5段階のピラミッドのようになっていて,底辺から始まって,1段階目の欲求が満たされると,1段階上の欲求を志すというものである。
4 マズローの欲求段階は底辺から生理的欲求、安全欲求、愛情と所属の欲求、自尊欲求、自己実現欲求である。
5 キューブラロスの死の受容過程は1.否認2.怒り3.取引き(神にたいして)4.抑鬱5.受容である。
problem
1 If the desire is not satisfied due to the need for nursing care, it may cause behavior by adaptive mechanism.
2 Richard summarized the personality tendencies of retired men into five types: those who are successful and those who are not.
3 Maslow's hierarchy of needs (AHMaslow American psychologist) states that human needs are like a five-step pyramid, starting from the bottom and one step higher when the first step is satisfied. It is to aspire to the desire of.
4 Maslow's desire stages are physiological desire, safety desire, affection and belonging desire, self-esteem desire, and self-actualization desire from the bottom.
5. The process of accepting the death of Cube Laros is 1. Denial 2. Anger 3. Transaction (to God) 4. Depression 5. Acceptance.

解答
1:○適応機制に関する問題は過去問題でもよくでてきます。下記にまとめましたので参考にしてください。
攻撃→他人のものを傷つけたりして欲求不満を解消しようとする。
逃避→苦しくつらい現実から一時的に逃れる。
退行→耐え難い事態に直面したとき、子供の様に振舞って自分を守ろうとする。
拒否→問題となっている事実が存在しなかったように振る舞うこと。
隔離→耐え難い状況に直面した場合、その状況に直面しているのは、「わたしの自我」ではない、という意識における逃避を行うことで、状況から逃れようとする行為です。
代償→本来の目標がかなわない場合に、安易にできる目標を達成することで満足を得ようとすること。
合理化→満たされなかった欲求に対して、都合の良い理由を付けて自分を正当化しようとすること。
昇華→衝動などを社会的に価値の高い方法に置き換えること。
同一視→自分にない名声や権威に自分を近づけることによって自分を高めようとする。他者の状況を自分のことのように思うこと。
投影→自分の欠点を置き換えたり他人のせいにする。自己が抱いている他人に対しての不都合な感情を、相手が自分に対して抱いていると思うこと。
抑圧→実現困難な欲求や苦痛な体験などを押さえ込んで忘れようとする。
反動形成→抑圧されたものと正反対のものを意識にもっていること。無意識に抑圧した思いが意識にあがってこないように、本心と裏腹なことを言ったり、その思いと正反対の行動をとること。

2:○円熟型、ロッキングチェアーガタ、自己防衛型、内罰型、外罰型です。
3:○要介護における高齢者の心理を理解する理論として学ぶ価値があります。
4:○要介護状態になっても自己実現=自分がやりたいことをやるという欲求を理解する必要があります。
5:○
answer
1: ○ Problems related to adaptive mechanisms often occur in past problems. Please refer to the summary below.
Attack → Try to eliminate frustration by hurting others' things.
Escape → Temporarily escape from the painful and painful reality.
Regression → When faced with an intolerable situation, act like a child and try to protect yourself.
Rejection → Act as if the fact in question did not exist.
Isolation → When faced with an intolerable situation, it is the act of trying to escape from the situation by escaping with the consciousness that it is not "my ego".
Compensation → Trying to get satisfaction by achieving an easy goal when the original goal is not met.
Rationalization → Trying to justify yourself with a convenient reason for unfulfilled desires.
Sublimation → Replacing impulses with socially valuable methods.
Identification → Try to enhance yourself by bringing yourself closer to fame and authority that you do not have. Think of the situation of others as if you were yourself.
Projection → Replace your faults or blame others. To think that the other person has an inconvenient feeling toward another person that he / she has.
Repression → Try to suppress difficult desires and painful experiences and forget about them.
Reaction formation → Being aware of what is the exact opposite of what was suppressed. To say things that are contrary to your true intentions and to take actions that are the exact opposite of those thoughts so that the unconsciously suppressed thoughts do not rise to your consciousness.

2: ○ Mature type, rocking chair backlash, self-defense type, internal punishment type, external punishment type.
3: ○ It is worth learning as a theory to understand the psychology of the elderly in need of long-term care.
4: ○ Self-actualization even if you are in need of nursing care = You need to understand the desire to do what you want to do.
5: ○
スポンサーサイト



3発達と老化の理解 0927

QアンドA
サクセスフル・エイジング(successful aging)とは?

サクセスフル・エイジング(successful aging)とは、「幸福で実りの多い、優れた人生をまっとうする」といった意味です。
①疾病や障害の発生確率が低い環境にいる、
②認知機能・身体機能が良好に保たれている、
③社会への積極的な参加活動に関与している
の三条件があります。
What is successful aging?

Successful aging means "to live a happy, fruitful, and excellent life."
① You are in an environment where the probability of illness or disability is low
② Cognitive and physical functions are well maintained.
③ Involved in active participation in society
There are three conditions.



福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

3発達と老化の理解

2老年期の発達と成熟
2)老年期の発達課題→○ 人格と尊厳、老いの価値、喪失体験、セクシュアリティ、その他
問題
1 老化にうまく適応した幸せな老年期の生き方を「サクセスフル・エイジング」という。
2 総合的な健康指標として健康関連QOLがある。
3 ロートンはQOL(生活の質)を4つの領域にわけて考えるモデルを提案した。
4 高齢者の基本的なパーソナリティについては、老化によって変化が少ないという結果が報告されている。
5 ベックの老年期の自我発達理論ではエリクソンの老年期の発達課題で3つの課題とそれに対する挑戦に直面するとしている。
6 発達に影響する要因として遺伝説と環境説がある。
7 今日では発達は遺伝と環境との相互作用の結果によっておこり、遺伝も環境も影響すると考えられている。
8 老化については老廃物蓄積説とプログラム説がある。
9 社会的老化についてムーア(Moore.P)は文化差や地域差が高齢者に強く影響を与えているとしている。
10 ユング(Jung,C.G.)は、人生後半の人間の心の変化のプロセスを、衰退としてではなく、成長、発達としてとらえた。
11 ユング(Jung,C.)は,40歳前後を「人生の正午」に例え,それ以降の中年期を老年期に至るまでの準備期間であると説明した。
12 サードエイジング(第三世代)論を成田健一が展開しているが、この世代は達成感にあふれた人生の最盛期であり人格や夢の完成期であるとしている。
13 老化による心身機能の変化の程度は、同じ暦年齢であっても個人差が大きいのが特徴である。
14 高齢者の社会活動性と人生への満足度の関係については活動理論と離脱理論がある。
15 高齢者の社会活動理論では、高齢者はそれ以前と同じ心理社会的な欲求をもっているほうが満足度が高いとしている。
16 高齢者の社会離脱理論では、高齢者が社会活動を縮小することは自らの老化に応じて選択することであり、ごく自然であるとしている。
17 高齢者と家族の関係の調査では「心の支えとなっている」は配偶者と子供ではそれぞれ半数以上となっている。
18 老年期の社会的関係の大きな特徴として喪失体験がある。
19 生理的老化の学説で、エラー破局説では、加齢によって臓器や器官が機能低下することで老化が生じると考える。
20 生理的老化の学説で、消耗説では、活性酸素による細胞の損傷で老化が生じると考える。
21 生理的老化の学説で、フリーラジカル説では、加齢による臓器や器官の萎縮や縮小に対して、それを補う再生機能が低下することで老化が生じると考える。
22 生理的老化の学説で、機能衰退説では、細胞内のDNAが損傷することで老化が生じると考える。
23 生理的老化の学説で、老化プログラム説では、人の細胞分裂の回数があらかじめ決まっていることで老化が生じると考える。
problem
1 A happy way of life in old age that is well adapted to aging is called "successful aging".
2 There is a health-related QOL as a comprehensive health index.
3 Lawton proposed a model that divides QOL (quality of life) into four areas.
4 Regarding the basic personality of the elderly, it has been reported that there is little change due to aging.
5 Beck's theory of old age ego development states that Ericsson faces three challenges and challenges in his old age developmental tasks.
6 There are genetic theory and environmental theory as factors that affect development.
7 Today, development occurs as a result of the interaction between heredity and the environment, and it is thought that both heredity and the environment affect it.
8 Regarding aging, there are waste accumulation theory and program theory.
9 Social aging Moore.P states that cultural and regional differences have a strong impact on the elderly.
10 Jung, C.G., saw the process of change in the human mind in the latter half of life as growth and development, not as decline.
11 Jung (C.) likened around 40 years old to "noon of life" and explained that the middle-aged period after that is the preparation period until old age.
12 Kenichi Narita is developing the theory of third aging (third generation), but this generation is said to be the heyday of life with a sense of accomplishment and the completion of personality and dreams.
13 The degree of change in mental and physical functions due to aging is characterized by large individual differences even at the same calendar age.
14 There are activity theory and disengagement theory regarding the relationship between social activity of the elderly and satisfaction with life.
15 The theory of social activity of the elderly states that the elderly are more satisfied if they have the same psychosocial desires as before.
16 The theory of social disengagement of the elderly states that reducing social activities by the elderly is a natural choice according to their own aging.
17 According to a survey of the relationship between the elderly and their families, more than half of spouses and children are "supporting their hearts."
18 Loss experience is a major feature of social relationships in old age.
19 In the theory of physiological aging, the error catastrophe theory thinks that aging occurs due to the functional deterioration of organs and organs due to aging.
20. In the theory of physiological aging, in the theory of exhaustion, it is thought that aging occurs due to cell damage caused by active oxygen.
21. In the theory of physiological aging, the free radical theory considers that aging occurs due to a decrease in the regenerative function that compensates for the atrophy and contraction of organs and organs due to aging.
22. In the theory of physiological aging, in the theory of functional decline, it is thought that aging occurs due to damage to intracellular DNA.
23. In the theory of physiological aging, in the aging program theory, it is thought that aging occurs because the number of cell divisions in a person is predetermined.

a
解答
1:○
2:○
3:○ロートンの領域モデルは行動無力、客観的環境、認知されたQOL、心理学的幸福です。
4:○
5:○
6:○
7:○
8:○老廃物蓄積説とは老化は細胞の寿命が老廃物の時間の経過とともにおこる蓄積でおこるとするものです。またプログラム説は細胞を老化させるプログラムが遺伝子に書き込まれているとするものです。
9:○
10:○いくつになっても人間は発達し続ける…ということですね。
11:○ユングは「人生の正午」という論文の中で、人生を太陽の運行になぞらえて、人生の前半で大切にするものと人生の後半で大切にするものとが変わると論じていますが、人生の後半は老年期に至るまでの準備期間であると説明しています。
12:○第三世代の年齢はおよそ50歳くらいから75歳までを想定しているということです。
13:○
14:○
15:○
16:○
17:○ちなみに親しい友人・知人については「心の支えになっている」は約13%でした。
18:○配偶者の人間関係が深い場合にはその体験は高齢者に大きな影響を与えます。その適応は喪失→悲嘆→回復のプロセスをたどると考えられています。
19:×エラー破局説は、細胞内の遺伝子に突然変異が不規則に起こり、それが蓄積していくことによって細胞の分裂能が消失し、細胞の寿命が尽きるという説です。
20:×消耗説.は、生命の維持に必要なものが徐々に失われるとする説です。
21:×フリーラジカル説.は、ミトコンドリアで産生されるフリーラジカルが老化をもたらすとする説です。
22:×生命の維持に必要なものが徐々に失われるとする説です。
23:○老化プログラム説は細胞の分裂回数が遺伝子により決まっており、それが個体の寿命を左右しているという説です。
nswer
1: ○
2: ○
3: ○ Lawton's domain model is behavioral helplessness, objective environment, perceived quality of life, and psychological well-being.
4: ○
5: ○
6: ○
7: ○
8: ○ What is the waste product accumulation theory? Aging is the accumulation of waste products that occurs over time. The program theory is that a program for aging cells is written in a gene.
9: ○
10: ○ Humans can continue to develop no matter how many times they become.
11: ○ In his dissertation, "Noon of Life," Jung argues that life is likened to the movement of the sun, and that what is cherished in the first half of life and what is cherished in the second half of life change. , Explains that the second half of life is the preparatory period leading up to old age.
12: ○ The age of the third generation is assumed to be about 50 to 75 years old.
13: ○
14: ○
15: ○
16: ○
17: ○ About 13% of close friends and acquaintances were "supporting their hearts."
18: ○ If the spouse has a deep relationship, the experience will have a great impact on the elderly. Its adaptation is thought to follow the process of loss → grief → recovery.
19: × The error catastrophe theory is that mutations occur irregularly in genes in cells, and the accumulation of these mutations causes the cell's ability to divide to disappear, ending the life of the cell.
20: × The exhaustion theory is the theory that things necessary for sustaining life are gradually lost.
21: × Free radical theory. Is a theory that free radicals produced in mitochondria cause aging.
22: × It is the theory that things necessary for maintaining life are gradually lost.
23: ○ The aging program theory is that the number of cell divisions is determined by genes, which affects the lifespan of an individual.

2発達と老化の理解 0926

QアンドA
道路交通法と認知症検査はどうなっていますか?

道路交通法では,免許の更新に際し,70歳以上の人は高齢者講習(合理化講習と言い,2時間程度)を受講することが規定されています。また75歳以上の人は更新の際に認知機能検査が義務づけられています。


福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

2発達と老化の理解

2老年期の発達と成熟
1)老年期の定義(WHO、老人福祉法、高齢者の医療の確保に関する法律の高齢者医療制度)
問題
1 老化の分類には生理的老化と病的老化がある。
2 高齢者の分類には老人福祉法や介護保険法では65歳以上が、また、「高齢者に関する国際行動計画及び高齢者のための国連原則」では60歳以上が高齢者として示されている。
3 エイジズムとは年齢を理由に個人や集団を不利に扱ったり差別したり偏見をもつことである。
4 エイジズムとは、年齢を理由に、個人や集団を不当に扱うなどの差別をすることである。
5 世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」といいます。
6 後期高齢者とは、75歳以上の高齢者をいう。
7 高齢者虐待防止法では、「高齢者」と は 65 歳以上の者と定義されている。
8 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、高年齢者を75歳以上としている。
9 高齢者の医療の確保に関する法律では、後期高齢者を65歳以上としている。
10 道路交通法では、免許証の更新の特例がある高齢運転者を60歳以上としている。
11 老人福祉法では、高齢者を55歳以上としている。
problem
1 There are two types of aging: physiological aging and pathological aging.
2. In the classification of the elderly, the Elderly Welfare Law and the Long-term Care Insurance Law indicate that the elderly are 65 years old or older, and the "International Action Plan on the Elderly and the United Nations Principles for the Elderly" indicate that the elderly are 60 years or older. ..
3 Ageism is the disadvantageous treatment, discrimination or prejudice of individuals or groups because of their age.
4 Ageism is discrimination such as unfair treatment of individuals or groups because of their age.
5 According to the definitions of the World Health Organization (WHO) and the United Nations, a society with an aging rate of over 7% is an "aging society," a society with an aging rate of over 14% is an "aging society," and a society with an aging rate of over 21%. It is called a "super-aging society."
6 Late-stage elderly refer to elderly people aged 75 and over.
7. The Elder Abuse Prevention Act defines an "elderly person" as her 65 years or older.
8. The Act on Stabilization of Employment of Elderly Persons, etc. stipulates that elderly persons be 75 years of age or older.
9 The Act on Assurance of Medical Care for the Elderly stipulates that the elderly are 65 years of age or older.
10 The Road Traffic Act stipulates that elderly drivers who have a special license renewal are 60 years old or older.
11 According to the Act on Social Welfare for the Elderly, the elderly are 55 years old or older.

解答
1:○生理的老化とは生活が良好に維持されていても進む老化であり記憶力の低下、軽度の動脈硬化、生理機能の低下があることをいいます。また、病的老化とは、 生理的に起こる老化ではなく、年齢にふさわしくないレベルの老化が生じる事です。
2:○さらに、行政上の区分として75歳以上を後期高齢者、85歳以上または90歳以上を超高齢者として区分しているので併せて覚えておきましょう。
3:○エイジズムは日本語訳にすると「高齢者差別」となります。
4:○高齢者だから頑固な性格となるというのは、誰もがそうなるとはいえないので不当な見方といえます。
5:○
6:○
7:○
8×、65歳までの雇用を確保するための法律
9×75歳以上
10×70歳以上
11×65 歳以上
answer
1: ○ Physiological aging is aging that progresses even if life is well maintained, and means that there is deterioration of memory, mild arteriosclerosis, and deterioration of physiological function. Pathological aging is not a physiological aging process, but an age-appropriate level of aging.
2: ○ Furthermore, as an administrative classification, 75 years old or older is classified as late-stage elderly, and 85 years old or older or 90 years old or older is classified as super-elderly, so please keep in mind.
3: ○ Ageism is "discrimination against the elderly" when translated into Japanese.
4: ○ Being an elderly person and having a stubborn personality is an unfair view because not everyone can say that.
5: ○
6: ○
7: ○
8x, law to secure employment up to 65 years old
9 x 75 years or older
10 x 70 years or older
11 x 65 years or older

1発達と老化の理解 0925

QアンドA
エリクソン(erikson e.)の発達段階説とは?

エリクソンは、その発達段階を8つの時期に分けて、それぞれ、発達課題があると説明しました。




福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

1発達と老化の理解

1人間の成長と発達の基礎的理解
1)人間の成長と発達→○ 発達の定義 ○発達課題
問題
1 人間の発達段階説にはピアジェの発達段階節、フロイトの発達段階説、エリクソンの発達段階説などがある。
2 ピアジェの子供の発達段階説は、知能の発達は①感覚運動的知能期、②前操作期、③具体的操作期、④形式的操作期という時期として展開されるとしている。
3 ピアジェ(Piaget,J.)は,認識や思考の発達には,4つの段階があることを明らかにした。
4 フロイトの発達段階説は①口唇期、②肛門期、③男根期、④潜伏期、⑤性器期があるとしている。
5 フロイト(Freud,S.)は,ライフサイクルとは出発点(誕生)から,終了点(死亡)までの過程(旅)であり,人生の各段階は階段を上がるように進んでいくと述べた。
6 精神分析学者のフロイト(Freud,S.)は、エス・自我・超自我の3つが人格を成り立たせているとした。
7 エリクソンの発達段階説は人間の発達は前段階の発達課題の達成の上に次 の段階に進むとし①乳児期(0歳~1歳半頃)、②幼児期前期(1歳半~3歳頃)、③幼児期後期(3歳~6歳頃)、④学童期(6歳~13歳頃)、⑤思春期・青年期(13歳~22歳頃)、⑥成人期初期(22歳~40歳頃)、⑦成人期(壮年期)(40歳~60歳頃)、⑧老年期(60歳以降)があるとした。
8 エリクソンの発達課題のなかでの高齢者の発達課題は統合と絶望の葛藤を解決することである。
9 エリクソン(Erikson,E.)は,人格発達の8つの段階において,自我同一性の形成の理論を柱に挙げて,各段階には特有の危機とその克服があると指摘した。
10 エリクソン(Erikson.E)の発達段階説では、誕生から1歳ころまでは(第一段階)、自分の行動コントロールを身につける段階である。
11 エリクソン(Erikson.E)の発達段階説では、3歳頃から6歳頃までは、自発的行動を通して主体性の感覚を学ぶ段階である。
12 エリクソン(Erikson.E)の発達段階説では、12歳頃から20歳頃までは、勤勉性を身につける段階である。
13 発達心理学者のエリクソンは青年期の発達課題を―自我同一性(アイデンティティ)の確立・アイデンティティの拡散―帰属集団への忠誠心や社会への帰属感としている。
14 発達心理学者のエリクソンは成人期初期の発達課題を親密性・孤立―幸福感を感じる愛の獲得と実感としている。
15 発達心理学者のエリクソンは成人期(壮年期)の発達課題を世代性(生殖性)・自己停滞―世話としている。
16 発達心理学者のエリクソンは老年期(60代以降)の課題を―自我の統合・絶望―叡智の体現としている。
17 ハヴィガーストの発達課題は.第1:身体成熟:歩行の学習・青年期における異性への関心、第2:社会の文化的圧力:読み書きの学習・市民としての社会への参加の学習.第3:個人的な動機や価値意識;職業の選択や準備・人生観の形成.である。
18 マズロー(Maslow,A)は欲求の階層(hierarchy)説を唱えた。
19 社会的参照とは初めて出会う場面や,自分だけの経験や知識では判断に迷う様な場面で,主に養育者の方を見て自分の行動を決める行動の事である。
20 自己中心性とは、物事を自分を中心にしてとらえ、他人を考慮しないことである。
problem
1 Human developmental stage theory includes Piaget's developmental stage section, Freud's developmental stage theory, Ericsson's developmental stage theory, etc.
2 His Piaget's child developmental stage theory states that the development of intelligence is developed as (1) sensorimotor intelligence period, (2) pre-operation period, (3) concrete operation period, and (4) formal operation period.
3 Piaget (J.) clarified that there are four stages in the development of cognition and thinking.
4 He states that Freud's developmental stage theory has (1) lip stage, (2) anal stage, (3) phallic stage, (4) incubation period, and (5) genital stage.
5 Freud (S.) states that the life cycle is the process (journey) from the starting point (birth) to the ending point (death), and each stage of life goes up the stairs. rice field.
6 Psychoanalyst Freud (S.) stated that the three ego, ego, and super-ego make up the personality.
7. Ericsson's developmental stage theory states that human development progresses to the next stage after achieving the developmental tasks of the previous stage: (1) Infancy (around 0 to 1.5 years old), (2) Early childhood (1 and a half to 3 years old) (Around the age), ③ Late childhood (around 3 to 6 years old), ④ School childhood (around 6 to 13 years old), ⑤ Adolescence / adolescence (around 13 to 22 years old), ⑥ Early adulthood (22 years old) There are (around 40 to 40 years old), (7) adulthood (middle age) (around 40 to 60 years old), and (8) old age (after 60 years old).
8. Among Ericsson's developmental tasks, the developmental task of the elderly is to resolve the conflict between integration and despair.
9. Erikson (E.) pointed out that each stage has its own crisis and its overcoming, citing the theory of the formation of ego identity as a pillar in the eight stages of personality development.
10 According to Erikson.E's developmental stage theory, from birth to about 1 year old (first stage), it is the stage to acquire one's behavior control.
11 According to Erikson.E's developmental stage theory, from about 3 years old to about 6 years old, it is a stage to learn a sense of independence through voluntary behavior.
12 According to Erikson.E's developmental stage theory, from about 12 to 20 years old, it is the stage to acquire diligence.
13 Developmental psychologist Ericsson regards adolescent developmental tasks as-establishment of identity (identity) and diffusion of identity-loyalty to the belonging group and a sense of belonging to society.
14 Developmental psychologist Ericsson regards developmental tasks in early adulthood as intimacy and isolation-acquisition and realization of love that makes him feel happy.
15 Developmental psychologist Ericsson takes care of developmental tasks in adulthood (middle age) as generational (reproductive) and self-stagnation.
16 Developmental psychologist Ericsson embodies the challenges of old age (after the 60s) -ego integration and despair-wisdom.
17 Havigast's developmental tasks are: 1st: Physical maturity: Learning to walk / interest in the opposite sex in adolescence, 2nd: Cultural pressure in society: Learning to read and write / Learning to participate in society as a citizen. 3rd : Personal motives and sense of values; choice of profession, preparation, and formation of outlook on life.
18 Maslow (A) advocated the hierarchy of desires.
19 Social reference is an action that decides one's behavior mainly by looking at the caregiver in the scene where one encounters for the first time or in a situation where one's own experience and knowledge makes it difficult to make a decision.
20. Egocentrism means focusing on oneself and not considering others.

解答
1:○
2:○
・感覚運動期(誕生から約2歳まで):感覚運動期の最初の頃は目の前にあるものを隠しても子どもはそれを探そうとしないが、後半になると探そうとします。
・前操作期(子どもが話し始めてから約7歳まで):頭の中で表象して考えることはできるが、論理をまだ把握できず、見かけに引きずられる。
・具体的操作期(小学1年生から青年前期):前操作期と違いイメージやシンボルを論理的に変化させ、再構成することができます。
・形式的操作期(子供の認知発達の最終段階):、「抽象概念および仮説上の出来事に関して合理的、系統的に考える」能力を持っている子どもと定義されています。
3:○ スイスの発達心理学者ピアジェPiaget,J.は、知的能力の発達を、認知構造の質的な差異と認知操作の差異から、感覚運動期(0~2歳)、前操作期(2~7歳)、具体的操作期(7~12歳)、形式的操作期(12歳以降)の4つに発達段階を分けました。
4:○
5:×フロイトではなくエリクソンの理論です。エリクソンは、人間の発達は子供の時期だけでなく、成人期・老年期にも継続するというライフサイクル理論を提唱していますからこの問題はエリクソンのものですね。フロイトは発達段階の研究者ではなく精神分析の理論を確立した人として知られています。
6:○
7:○ 老年期の発達課題は① 老年期は、子育てが終わったり退職したり、公私に渡って役割の方向の転換を迫られる時期② また、自分の死を受け入れる準備をする時期。③ この時期の危機は<統合性>と<絶望>であることから人生の完成に当たって、今まで獲得してきた同一性を振り返る時期でもあるとしています。
8:○
9:○エリクソンときたら・・人格発達の8段階・・自我同一性の形成・・などのキーとなる言葉をおぼえておきましょう。自我同一性の形成とは「自分が何者であるか・・」という問いかけのこと。青年期の発達段階で主に見られますが、そこで終了するのではなく、各年代の発達段階で形成されるものといわれています。

10:×
11:○自分で考えて行動しようとする「自主性の獲得」の時期とも言えます。
12:×
13:○自我同一性とは、自分はどのような人間であるのか、自分はどのような社会的役割を持っているのかを吟味していくという意味です。
14:○
15:○壮年期は仕事も家庭も安定し。仕事の面では自己実現をしたり、家庭では子育てを通して人生の喜びを味わう生産的な時期といえます。しかし壮年期半ばからは体の衰えを感じるようになったり人間関係の急激な変化に対応できなくなることもあり中年期の危機といわれることもおきてきます。
16:○老年期の発達課題は「自我統合」としていますが、この課題がうまくいかないと「絶望」という危機が訪れることを述べています。
17:○
18:○マズローの欲求5段階説
人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされています。
①第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)。この欲求がある程度満たされると次の階層「安全欲求」を求めるようになります。
②第二階層の「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。
③この「安全欲求」が満たされると、次の階層である「社会的欲求(帰属欲求)」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めるようにます。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなると言われます。
ここまでの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)で、これ以降は内的な心を満たしたいという欲求(高次の欲求)に変わります。
④「社会的欲求」の次に芽生える欲求は、第四階層である「尊厳欲求(承認欲求)」(他者から認められたい、尊敬されたい)です。
⑤そしてその「尊厳欲求」が満たされると、最後に「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)が生まれます。
19:〇
20:〇
answer
1: ○
2: ○
・ Sensorimotor period (from birth to about 2 years old): At the beginning of the sensorimotor period, children do not try to find what is in front of them even if they hide it, but in the latter half they do.
・ Pre-operation period (until about 7 years old after the child starts talking): I can think of it as a representation in my head, but I still can't grasp the logic and it is dragged by appearance.
-Specific operation period (1st grade to early adolescence): Unlike the previous operation period, images and symbols can be logically changed and reconstructed.
Formal manipulation phase (the final stage of a child's cognitive development): Defined as a child with the ability to "think reasonably and systematically about abstract and hypothetical events."
3: ○ Swiss developmental psychologist Piaget, J. explained the development of intellectual ability during the sensorimotor period (0 to 2 years old) and pre-operation period (0 to 2 years old) due to differences in cognitive structure and cognitive manipulation. The developmental stages were divided into four stages: a specific operation period (7 to 12 years old), a formal operation period (12 years old or later).
4: ○
5: × Ericsson's theory, not Freud's. Ericsson advocates a life cycle theory that human development continues not only in childhood but also in adulthood and old age, so this problem is Ericsson's. Freud is known not as a developmental researcher but as a person who established the theory of psychoanalysis.
6: ○
7: ○ Developmental tasks in old age are: ① Old age is the time when child-rearing ends or retires, and the direction of roles is forced to change between public and private. ② Also, the time when preparing to accept one's death. ③ Since the crisis at this time is and , it is also a time to look back on the identity that has been acquired so far when completing life.
8: ○
9: ○ Ericsson Tokitara ... 8 stages of personality development ... Formation of ego identity ... Let's remember the key words. The formation of ego identity is the question of "who I am ...". It is mainly found in the developmental stages of adolescence, but it is said that it does not end there, but is formed in the developmental stages of each age group.

10: ×
11: ○ It can be said that it is a time of "acquisition of independence" to think and act for oneself.
12: ×
13: ○ Ego identity means to examine what kind of person you are and what kind of social role you have.
14: ○
15: ○ Work and family are stable during the middle ages. In terms of work, it is a productive time to achieve self-fulfillment and at home to enjoy the joy of life through child-rearing. However, from the middle of the middle age, the body may feel weak and it may not be possible to respond to sudden changes in human relationships, so it is sometimes called the midlife crisis.
16: ○ The developmental task of old age is "ego integration", but if this task does not go well, the crisis of "despair" will come.
17: ○
18: ○ Maslow's desire five-step theory
Human desires are organized like a five-step pyramid, and when lower-level needs are met, higher-level needs are said to be desired.
(1) The first level "physiological desire" is the basic and instinctive desire to live (want to eat, want to drink, want to sleep, etc.). When this desire is satisfied to some extent, the next level "safety desire" will be sought.
(2) The second level of "safety needs" includes the desire to avoid a crisis and to live a safe and secure life (house, health, etc. that survives the rain and wind).
③ When this "safety desire" is satisfied, the next level "social desire (attribution desire)" (belonging to a group or wanting a companion) will be sought. When this desire is not met, it is said that one is more likely to feel lonely and social anxiety.
The desires up to this point are the desires that emerge from the desire to be satisfied externally (lower-order desires), and after that, they change to the desires to satisfy the inner mind (higher-order desires).
(4) The desire that emerges next to "social desire" is the fourth level, "dignity desire (approval desire)" (want to be recognized and respected by others).
⑤ And when that "desire for dignity" is satisfied, the "desire for self-actualization" (such as wanting to draw out one's abilities and engage in creative activities) is finally born.
19: 〇
20: 〇

13認知症の理解 0924

QアンドA
認知症高齢者の「物盗られ妄想」(delusions of theft) に対する対処方法は?

「一緒に探しましょう。」と言いながら、「この辺りはどうですか?」と本人が見つけられるように促します。そして、本人に見つけてもらうことが重要です。「ありましたね。良かったですね。」と安心する声かけも大切です
While saying "Let's find it together", we encourage you to find yourself, "How about this area?" And it is important to have the person find it. It is also important to say "There was. It was good."



福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

13認知症の理解

6その他認知症に関する過去問題
問題
1 認知症の老人の徘回は,ほとんどの場合,やさしく分かりやすい説明をすると気持ちがおさまるものである。
2 認知症老人に対しては危険を防止するために,部屋もしくは玄関に旋錠しなければならない。
3 認知症老人の徘徊は,情緒が不安定なために起こる行動であるから、精神安定剤を服用させる。
4 認知症老人を望むままに徘徊させると,むしろ徘徊を助長し、収拾がつかなくなることもある。
5 認知症のあるかたについては、徘徊が危険だということが分かるように説得したほうがよい。
6 出勤しようとしている認知症の高齢者には,その必要がないといって引き止める。
7 認知症高齢者の望むままに徘徊させると,介護が大変になるので,行動を規制した方がよい。
8 認知症のお年寄りについては行動制限を強化すると、徘徊など不安定さが激しくなることも予測されるので、可能な限り自由な行動を認める。
9 施設の認知症の利用者で徘徊が激しい場合は他の利用者の迷惑になるので、直ちに他のユニットに居室替えをする。
10 認知症のある「ぼけてしまって何も分からない」と訴える老人に対しては,「ぼけていない」と激励してもよい。
11 間違えたことを言いはる認知症老人に対しては,間違っていることをその場で訂正するようにする方が知能回復に効果がある。
12 認知症老人との対話を深めるには,介護従事者から話題を提供することを極力避けるべきである。
13 認知症の老人との対話がすれ違っても,介護従事者は社会人どうしの対話という原則に留意して行うべきである。
14 認知症のある人には、その人の言動から気持ちを察し受容する。
15 認知症のある人には相手の動作・行為のペースに合わせて介護する。
16 認知症のある人には、間違いは間違いとして忍耐強く諭(さと)したほうがよい。
17 認知症のある人には、感性的な納得を助けるコミュニケーションの技法に心掛ける。
18 認知症老人が過去と現実を混同したり,作り話をしたときは,その都度きちんと訂正したほうがよい。
19 認知症老人との対話を深めるには,介護従事者から話題を提供することを避けたほうがよい。
20 認知症高齢者には,「知らない人がいる」というような幻覚がみられることがある。このような場合は,すぐに訂正しなければならない。
21 認知症高齢者とのコミュニケーションは,高齢者にわかりやすい言葉で,優しいしぐさや暖かいまなざしを加えると効果的である。
22 認知症の高齢者が思い出話をすると,認知が悪化することがあるので,思い出話はさせない方がよい。
23 認知症の高齢者が異物を口に入れたような場合,「口の中のものを出しなさい」と強く指示する。
24 認知症高齢者との対話が,介護従事者にとって十分理解できない場合は,対話を中断する。
25 認知症高齢者に対しては、誤認や作話など,思い込みの世界に入り込んで会話をする人には,話の内容に同調してはならない。
26 認知症高齢者に対しては、思い出深いことがらに焦点を合わせて話をすると,コミュニケーションがとりやすくなる。
27 認知症の高齢者同士の会話は成立しにくいので,介護従事者はその間に入って,誤りを正しながらリードするのがよい。
28 認知症高齢者が同じ話を繰り返しても,嫌な顔をしないで,その都度話を聴いたほうがよい。
29 認知症の老人についてはルールが簡単で結果が分かり易いゲーム遊びを積極的に取り入れる。
30 認知症の老人同志の会話はむずかしいので,介護従事者は常にあいだに入って楽しい談らんができるようリードする。
31 認知症老人については、散歩を共にし,介護従事者は天候・景色・草花等を話題にして思い出を喚起する。
32 認知症老人については、好きな歌を歌う機会を作り,リズムを楽しみ,楽しい感情を皆で共有する。
33 認知症老人については個人の趣味,生活経験等を配慮して,縫い物・書道・調理等の活動を取り入れる。
34 認知症老人の援助については,住み慣れた地域で,今までの生活様式を大切にしながらどのように地域社会が援助していけるかが問われている。
35 認知症のある老人については、寝たきりにさせないように介護することで意欲の低下を防止するための計画を立てたほうがよい。
36 認知症があって、認知力が弱く,だれにでもすぐなじむ人については,介護従事者を次々に交替させてもあまり影響はない。
37 認知症老人の介護に当たっては,介護従事者は,自己の感情を抑圧して対応したほうがよい。
38 認知症老人の残存機能の維持・回復は,体操,音楽,縫い物などが効果的である。
39 認知症老人には,適切な生活刺激が必要であるが,昔話や童話は不適当である。
40 認知症のあるお年寄りの徘徊が目立つので,家族から預かった薬を飲ませることは問題がない。
41 認知症のお年寄りは、施設入所後の数日は場に慣れずに帰りたがるので,家族に対しては面会は当施設が指示するまで待つように伝えた方がよい。
42 認知症老人の家族の援助に当たっては,家族が専門医の診断に基づいて痴呆症状について正しく理解することが,まず求められる。
43 介護従事者は,認知症の老人の目をとおした生活現象をそのまま受けとめることも必要である。
44 認知症のため異食行動のある場合は,手芸クラブなどに参加させてはいけない。
45 認知症老人を理解するためには,痴呆症状についての医学的な知識が必要である。
46 認知症の高齢者は浴室やトイレ等の場所が分からなくなるので,大きなシールを貼って,視覚的な情報が伝わるように改善した方がよい。
47 認知症の高齢者は、食事をしたことを忘れてすぐに食べたがるので,食堂に表示板を取り付けて,食事が終わったら○をつけるなど,確認できるような工夫も大切である。
48 認知症の高齢者は、容易にお湯を使用できるように,自由に温度が調節できる瞬間湯沸器を取り付けたほうがよい。
49 認知症の高齢者は、家の中で自由に歩き回れるように,各部屋の段差をなくし,転倒などの事故がないように工夫することも大切である。
50 認知症の高齢者は、トイレで鍵をかけて出られなくなることもあるので,鍵を取り外したほうがよい。
51 いわゆる盗られ妄想は,老人性認知症に特徴的な症状の一つである。
52 認知症高齢者が入所後,利用者は施設になじめず,しきりに帰りたがるので,介護従事者の判断により,入所を継続することは困難であることを家族に連絡した。
53 ショートステイを利用する認知症高齢者の介護が、新しい生活環境に慣れない場合,介護従事者はよく観察し,必要に応じて気持ちを落ち着かせる工夫をした。
54 認知症高齢者同士になじみの関係ができていると,気分が安定することが多い。
55 認知症高齢者は、おはじき,お手玉など子ども時代の遊びをすると,気分が安定することがある。
56 認知症高齢者が、新しい環境に慣れるためには,使い慣れた家具・調度品などは目に触れないようにする。
57 病院への入院や,施設への入所などの生活環境の変化は,精神を刺激するので,認知症を予防することができる
58 認知症高齢者が日時や自分のいる場所が分からなくなるのは見当識障害の場合もあるので,専門家の判断を求めることが望ましい。
59 認知症高齢者が自宅にいて「家に帰る」と言う場合,「ここはあなたのおうちですよ」といい,外出を制止する。
60 家族が介護している認知症高齢者を援助する場合,介護従事者はその家族を支援することも必要である。
61 認知症高齢者に対しては、上手にできなくても,危険や感染などにつながらない行動であればとがめない。
62 認知症高齢者に対しては、話が通じなくても,優しい仕草やまなざしで,感情に働きかけることが重要である。
63 認知症高齢者は、通常の物忘れは体験の一部に限定され自分でも忘れたことに気がついているが、認知症の場合は,体験そのものを忘れてしまうといった記憶障害が起こりやすい。
64 認知症は物忘れにとどまらずに,失見当や認知障害へと進行するが,そうした自分の障害を自覚しているものである。
65 認知症のある人が何らかの意思表示ができる場合には,一緒に介護計画を考える必要がある。
66 認知症のある高齢利用者が入所したばかりで,興奮して落ち着かないので,家族に,家を思い出させる物は持ち帰ってもらったほうがよい。
67 認知症の人に対しては重度であっても、本人の願いを理解し、潜在能力を最大限にいかすことを基本とするていくことを基本とする。
68 認知症の人に対しては不潔行為を避けるために、つなぎのパジャマを着せたほうがよい。
69 認知症の人が夜間、他の利用者の部屋に入ったので、介護職員の部屋で一緒にお茶を飲むなどして落ち着かせることは適切である。
70 認知症の人の訴えを根気よく聞くことにより、心身の状況を把握するとともに情緒の安定がはかられることがある。
71 アルツハイマーの利用者の暴力行為が続く場合は、ケア会議を開いて対応を検討したほうがよい。
problem
1 In most cases, the wandering of an elderly person with dementia is soothing if a gentle and easy-to-understand explanation is given.
2 For elderly people with dementia, they must be locked in the room or entrance to prevent danger.
3 Since wandering in elderly people with dementia is an action that occurs due to emotional instability, take a tranquilizer.
4 If an elderly person with dementia is wandered as desired, it may rather promote wandering and become out of control.
5 For people with dementia, it is better to persuade them to understand that wandering is dangerous.
6 For elderly people with dementia who are about to go to work, stop saying that it is not necessary.
7 If elderly people with dementia wander as they wish, long-term care will become difficult, so it is better to regulate their behavior.
8 For elderly people with dementia, if behavioral restrictions are tightened, it is predicted that instability such as wandering will become severe, so allow free behavior as much as possible.
9 If you are a dementia user at the facility and wandering a lot, it will be a nuisance to other users, so immediately change your room to another unit.
10 You may encourage an old man with dementia who complains that he is "blurred and does not understand anything" by saying "not blurred".
11 For elderly people with dementia who say that they made a mistake, it is more effective to recover their intelligence by correcting the mistake on the spot.
12 In order to deepen dialogue with elderly people with dementia, it is necessary to avoid providing topics from care workers as much as possible.
13 Even if dialogues with elderly people with dementia pass each other, care workers should pay attention to the principle of dialogues between working people.
14 For people with dementia, they sense and accept their feelings from their words and actions.
15 Care for people with dementia according to the movements and pace of the other person's actions.
16 For people with dementia, mistakes should be patiently advised as mistakes.
17 For people with dementia, try to use communication techniques that help them to be emotionally convinced.
18 When an elderly person with dementia confuses the past with the reality or tells a myth, it is better to correct it properly each time.
19 In order to deepen dialogue with elderly people with dementia, it is better to avoid providing topics from care workers.
20. Elderly people with dementia may have hallucinations such as "someone does not know." In such cases, it must be corrected immediately.
21. Communication with elderly people with dementia is effective if they use words that are easy for the elderly to understand and add gentle gestures and warm eyes.
22. When an elderly person with dementia talks about memories, cognition may deteriorate, so it is better not to talk about memories.
23. If an elderly person with dementia puts a foreign substance in his or her mouth, strongly instruct him to "take out what is in his mouth."
24. If the dialogue with the elderly with dementia is not fully understood by the care worker, the dialogue will be interrupted.
25. For elderly people with dementia, those who enter the world of assumptions such as misunderstandings and confabulations and have conversations should not be in tune with the content of the story.
26. For elderly people with dementia, it will be easier to communicate if they focus on memorable things.
27. Conversations between elderly people with dementia are difficult to establish, so it is better for care workers to intervene and lead while correcting mistakes.
28. Even if elderly people with dementia repeat the same story, it is better to listen to the story each time without making an unpleasant face.
29. For elderly people with dementia, actively adopt game play with simple rules and easy-to-understand results.
30. Since it is difficult for elderly people with dementia to have conversations with each other, caregivers always take the lead so that they can have fun conversations.
31. For elderly people with dementia, take a walk together, and care workers will talk about the weather, scenery, flowers, etc. to evoke memories.
32. For elderly people with dementia, create opportunities to sing their favorite songs, enjoy the rhythm, and share fun feelings with everyone.
33. For elderly people with dementia, take into consideration individual hobbies, life experiences, etc., and incorporate activities such as sewing, calligraphy, and cooking.
34. Regarding assistance for the elderly with dementia, the question is how the local community can provide assistance while valuing the lifestyles of the past in the area where they are accustomed to living.
35. For elderly people with dementia, it is better to make a plan to prevent a decrease in motivation by caring for them so that they will not be bedridden.
36. For people with dementia, weak cognitive ability, and familiarity with anyone, changing care workers one after another does not have much effect.
37. When caring for an elderly person with dementia, the care worker should suppress his or her emotions.
38. Gymnastics, music, sewing, etc. are effective for maintaining and recovering the residual function of elderly people with dementia.
39. Elderly people with dementia need appropriate life stimuli, but old tales and fairy tales are inappropriate.
40. Since the wandering of elderly people with dementia is conspicuous, there is no problem in giving them medicines entrusted to them by their families.
41 Elderly people with dementia want to go home without getting used to the place for a few days after entering the facility, so it is better to tell the family to wait until the facility instructs them to visit.
42. In assisting the family of an elderly person with dementia, it is first required that the family correctly understand the dementia symptoms based on the diagnosis of a specialist.
43. It is also necessary for care workers to accept the life phenomenon through the eyes of an elderly person with dementia as it is.
44. If you have pica due to dementia, do not participate in handicraft clubs.
45. In order to understand elderly people with dementia, medical knowledge about dementia symptoms is required.
46. ​​Elderly people with dementia do not know the location of bathrooms, toilets, etc., so it is better to put a large sticker on it and improve it so that visual information can be conveyed.
47. Elderly people with dementia forget that they have eaten and want to eat immediately, so it is important to attach a display board to the cafeteria and circle it when the meal is over.
48 Elderly people with dementia should install an instant water heater whose temperature can be adjusted freely so that hot water can be used easily.
49. It is also important for elderly people with dementia to eliminate steps in each room so that they can walk around freely in the house and to prevent accidents such as falls.
50 Elderly people with dementia may not be able to get out by locking in the toilet, so it is better to remove the key.
51. So-called stolen delusion is one of the characteristic symptoms of senile dementia.
52. After the elderly with dementia entered the facility, the users did not get used to the facility and wanted to return to the facility, so the caregiver decided that it would be difficult to continue the entrance to the family.
53. When the care of elderly people with dementia who use short stays is not accustomed to the new living environment, the care workers carefully observed and devised ways to calm their feelings as necessary.
54. When elderly people with dementia have a familiar relationship with each other, their mood often stabilizes.
55 Elderly people with dementia may feel stable when playing with children such as beanbags and beanbags.
56. In order for elderly people with dementia to get used to the new environment, keep familiar furniture and furnishings out of sight.
57. Changes in the living environment such as admission to a hospital or admission to a facility stimulate the mind, so dementia can be prevented.
58 It is desirable to seek expert judgment because it may be a disorientation that elderly people with dementia do not know the date and time and where they are.
59. When an elderly person with dementia is at home and says "go home", he says "this is your home" and stops going out.
60. When assisting an elderly person with dementia who is being cared for by a family member, the care worker also needs to support the family member.
61. For elderly people with dementia, even if they cannot do it well, they cannot be blamed if they do not lead to danger or infection.
62 It is important for elderly people with dementia to work on their emotions with gentle gestures and eyes, even if they do not understand the story.
63. Elderly people with dementia are aware that normal forgetfulness is limited to a part of their experience and that they have forgotten themselves, but in the case of dementia, memory disorders such as forgetting the experience itself are likely to occur.
64. Dementia is not limited to forgetfulness, but progresses to disorientation and cognitive impairment, but is aware of such impairment.
65. If a person with dementia can express his / her intention, it is necessary to consider a long-term care plan together.
66. An elderly user with dementia has just entered the facility and is excited and uncomfortable, so it is better to have the family bring back something that reminds them of their home.
67. For people with dementia, even if it is severe, it is basic to understand their wishes and maximize their potential.
68 For people with dementia, it is better to wear coveralls to avoid filth.
69 Since a person with dementia entered another user's room at night, it is appropriate to calm down by drinking tea together in the care worker's room.
70. By listening patiently to the complaints of people with dementia, it may be possible to grasp the physical and mental conditions and stabilize the emotions.
71 If the violence of Alzheimer's users continues, it is better to hold a care meeting and consider how to deal with it.
解答
1:○
2:×虐待にあたる行為となるので不適当です。
3:×薬の処方に関しては介護職の判断ではできません。
4:○徘徊を助長しないようにするには、時間を決めて散歩にさそう・・・本人の希望するところへ連れて行くなどの対処方法が必要です。
5:×認知症の人にたいして理づめで「説得する」ことは、それを理解する神経系が病気のために働きが乏しくなっているのでうまくいきません。説得よりも穏やかな対応をとることが必要です。
6:×説得したり、引き留めたりせずに、気を反らせたり、優しく説明するなどの対応のほうが大切です。
7:×行動規制をするほうが認知症高齢者をより混乱したり不安がったりするので不適切です。
8:○可能な限り行動を制限しないこと・・・これが原則です。
9:×たしかに徘徊が激しいと他の利用者に迷惑になることもあるでしょう。でも、直ちに居室替えというのは行き過ぎです。認知症の利用者であっても了解をとるのが原則。
10:×このような状況で激励することは崖っぷちに立つ人の背中を押すようなものです。ますます症状を悪化させてしまいます。
11:×間違ったことをその場で訂正しては認知症のお年寄りが混乱してしまいますし、知能回復の効果もありません。
12:×話題を提供することで人間関係が築かれてコミュニケーションもスムーズになります。
13:○認知症のお年寄りとお話していて、話がすれ違うことはよくあることです。すれ違ったとしても受け止めてあげましょう。
14:○
15:○
16:×強く諭すのではなく、受容することが大切です。
17:○認知症のかたはいろんなかたちで感情表現をします。それらを受け止めながらコミュニケーションを円滑にしていく技法を身につけることは大事です。
18:×認知症では記憶障害、見当識障害、判断力の低下などがおきます。過去と現実を混同しても否定や訂正しないようにしましょう。また、「作話」は本人の不安からくるものですからこれも訂正などせず受け止めることが望ましいです。
19:×一方的に介護者が話しまくるのは問題ですが、話題を提供してコミュニケーションを円滑にすることは望ましいことです。
20:×認知症のかたで存在しないものが見えたり聞こえたりする、実際には虫などいないのに、「虫がいる」といって気味悪がったりする方がいます。普通の常識からすれば、誤りを訂正するのが正しい対応ですが、認知症の方にはこのような常識は通用しません。否定しないで受け止めてあげることが大事です。
21:○
22:×認知症のお年寄りにこの回想法(思い出話などをする)というのは有効です。
23:×強く指示しては混乱するばかりです。
24:×十分に理解できなくても中断をしないで受け止めることが大切です。
25:×否定するのではなく、むしろ同調してあげることにより症状が安定します
26:○認知症のお年寄りは、昔懐かしい思い出話などしたり、昔のものに触れたりすることでコミュニケーションが取りやすくなります。
27:×会話が成立しにくいことが多いですが、受容し誤りを訂正してはいけません
28:○
29:○認知症では記憶障害と認知機能障害(失語・失認・失行・実行機能障害)があるので複雑なゲームなどは混乱のもとになります。したがって簡単でわかりやすいルールのものがよいです。
30:×少々会話が困難でも、その場の空気にまかせるこが必要です。必要以上の介入はひかえなければいけません。
31:○思い出を喚起することを回想法といい認知症の人には効果的です。
32:○このように感情を共有することで症状が緩和されることが多いです。
33:○認知症のお年寄りが慣れ親しんだものをとりいれて活動することが大切です。
34:○
35:○意欲が低下することで認知症も進みます。ですから意欲たもてるケアメニューをたてることが大事になってきます。
36:×環境の変化は避けないといけません。認知症のかたは環境の変化で不安な気持ちも大きくなります。
37:×この問題が正しいとする人は多いのですが、感情の抑圧だけではストレスがたまるだけです。介護者と認知症のかたと(利用者さん一般でも同じ)より良い人間関係を築くためには、自分も相手も大切にした自己表現法を追求することが大事です。
38:○とにかく使える能力は使って機能を回復させようとするのが残存機能の回復というやりかたです.
39:×昔話をしたり、童話を聞くなどすることは回想法として、今や認知症ケアの有効な手段となっています。
40:×いくら家族から預かった薬であっても、医師の指示なしに飲ませてはいけません。
41:×利用者の要望をケア担当者がかってな判断で面接を拒否してはいけません。不安な気持ちでいるからこそ家族との面接が欠かせないと思います。
42:○
43:○
44:×異食行動があるからといって行動を制限してしまってはいけません。介護者は見守りをしながらのレクリエーション活動の援助をすることが大切です。
45:○認知症という病気を知っているからこそ、認知症のかたの理解が出来るというものです。
46:○大文字で張り紙・・・短期記憶が失われるので効果があります。
47:○今食べたのことを忘れる・・よくあります。「食事が終わりました」という表示で納得するお年寄りもたくさんいます。
48:×温度が自由に設定できタイプだと、認知能力の低下している人が使用すると危険です
49:○認知症のお年寄りだけでなく、お年寄りの部屋一般にいえることですね
50:○「鍵をかけてでられなくなった」ではこまりますから鍵はないほうが安全です。
51:○「お金を盗まれた・・」認知症のかたで妄想をいだくかたがいます。いわゆる「盗まれ妄想」ですね。「一緒に探しましょう」といって関わる・・「そんなはずはない」と否定してはいけません。
52:×何処に問題があるのかを調べもしないで、安易に家族へ連絡するというのはありえません。
53:○環境が変わると認知症の高齢者は落ち着きません。そのことが原因で症状が悪化したりしますから気持ちが安定するように工夫は大事です。
54:○認知症のお年寄りでなく、私たちもそうですが、周りの人間関係ができると気持ちが安定しますよね。
55:○認知症のかたはこのような回想法が有効となります。
56:×認知症ではあまり環境を変えないことが基本で、使い慣れたものをおくほうが気持が安定するものです。
57:×環境の変化は痴呆症状を助長させるので注意が必要です。
58:○見当識が障害されると、家族がわからなくなったり、日時や季節がわからない、あるいはいま自分がいる場所がわからないというような現象が起こります。
59:×一緒に帰りましょう・・といって気をそらすことも大事・・制止は逆効果です
60:○利用者ばかりではなく、その家族に対する援助も介護する側の役目です。
61:○命や健康にかかわるような状況でない限りは行動を制限しないほうがよい結果を得られます。
62:○感情が安定するには、優しく丁寧に接することが重要です。
63:○大事なポイントです。通常のど忘れとの区別をしっかり覚えておきましょう。
64:×認知症の場合はこれらの障害を自覚していることはありません。
65:○介護計画は原則利用する方と介護する側が一緒になってたてることが原則です。
66:×思いでの品を奪ってはいけません。ますます認知症が悪化してしまいます。
67:○「重度だから何も言っても理解できないはず」などと勝手な判断をしてはいけません。介護者は伝える努力をしなければいけません。
68:×ずっと以前、つなぎパジャマは不潔行為を防止するためによく使われてました。現在では虐待行為となりますから不適切です。
69:○落ち着いてもらう手段として適切な行為かと思います。
70:○
71:○
answer
1: ○
2: × It is inappropriate because it is an act of abuse.
3: × It is not possible for the caregiver to decide on the prescription of the medicine.
4: ○ In order not to encourage wandering, it seems that you should take a walk at a certain time ... You need to take measures such as taking the person to the desired place.
5: × “Persuading” people with dementia in a rational way does not work because the nervous system that understands it is poorly working due to illness. It is necessary to take a gentle response rather than persuading.
6: × It is more important to take measures such as distracting and giving a gentle explanation without persuading or detaining.
7: × It is inappropriate to regulate behavior because it makes elderly people with dementia more confused and anxious.
8: ○ Do not restrict your actions as much as possible ... This is the principle.
9: × Certainly, if the wandering is intense, it may be annoying to other users. However, changing rooms immediately is overkill. In principle, even users with dementia should understand.
10: × Encouraging in this situation is like pushing the back of a person standing on a cliff. It makes the symptoms worse.
11: × Correcting mistakes on the spot will confuse the elderly with dementia and will not have the effect of restoring intelligence.
12: × Providing topics will build relationships and facilitate communication.
13: ○ When talking to an elderly person with dementia, it is common for them to pass each other. Even if you pass each other, let's accept it.
14: ○
15: ○
16: × It is important to accept, not strongly remind.
17: ○ People with dementia express their emotions in various ways. It is important to acquire techniques to facilitate communication while accepting them.
18: × Dementia causes memory impairment, disorientation, and impaired judgment. Don't deny or correct the past and the reality if you confuse them. Also, since "confabulation" comes from the anxiety of the person himself, it is desirable to accept this without making any corrections.
19: × It is a problem for caregivers to talk unilaterally, but it is desirable to provide a topic and facilitate communication.
20: × Some people with dementia can see or hear something that does not exist, and even though there are no insects in reality, it is creepy to say that there are insects. According to common sense, correcting mistakes is the correct response, but such common sense does not apply to people with dementia. It is important not to deny it but to accept it.
21: ○
22: × This reminiscence method (reminiscence, etc.) is effective for elderly people with dementia.
23: × I'm just confused if I give a strong instruction.
24: × Even if you do not fully understand it, it is important to accept it without interruption.
25: × Rather than denying it, the symptoms will be stabilized by synchronizing.
26: ○ Elderly people with dementia can easily communicate by telling old-fashioned memories and touching old things.
27: × Conversations are often difficult to establish, but do not accept and correct mistakes
28: ○
29: ○ In dementia, there are memory disorders and cognitive dysfunctions (aphasia, agnosia, apraxia, executive dysfunction), so complicated games can be confusing. Therefore, it is better to have simple and easy-to-understand rules.
30: × Even if it is a little difficult to talk, it is necessary to leave it to the air of the place. Unnecessary intervention must be avoided.
31: ○ Reminiscence therapy is effective for people with dementia.
32: ○ Sharing emotions in this way often relieves symptoms.
33: ○ It is important to take in what the elderly with dementia are accustomed to.
34: ○
35: ○ Dementia progresses as motivation decreases. Therefore, it is important to create a motivated care menu.
36: × Changes in the environment must be avoided. People with dementia feel more anxious due to changes in the environment.
37: × Many people think that this problem is correct, but emotional suppression alone only builds stress. In order to build a better relationship between the caregiver and the person with dementia (same for users in general), it is important to pursue a self-expression method that both you and the other person value.
38: ○ Anyway, trying to recover the function by using the available ability is the method of recovering the remaining function.
39: × Talking old stories and listening to fairy tales are now an effective means of dementia care as a reminiscence method.
40: × No matter how much the medicine you receive from your family, do not take it without the instructions of your doctor.
41: × The caregiver must not refuse the interview at the discretion of the user's request. I think that an interview with my family is indispensable because I feel uneasy.
42: ○
43: ○
44: × Do not limit your behavior just because you have pica. It is important for caregivers to support recreational activities while watching over.
45: ○ It is possible to understand people with dementia because they know the disease called dementia.
46: ○ Uppercase letters ... It is effective because short-term memory is lost.
47: ○ I often forget what I ate now. There are many elderly people who are convinced by the message "The meal is over".
48: × If the temperature can be set freely, it is dangerous for people with reduced cognitive ability to use it.
49: ○ Not only for the elderly with dementia, but for the elderly rooms in general.
50: ○ It is safer to have no key because it will be overwhelmed by "I can't lock it".
51: ○ "Money was stolen ..." I have a delusional person with dementia. It's a so-called "stolen delusion". Don't deny that you can't do that by saying "Let's find it together".
52: × It is impossible to easily contact your family without investigating where the problem is.
53: ○ When the environment changes, elderly people with dementia become uncomfortable. As a result, the symptoms may worsen, so it is important to devise ways to stabilize your feelings.
54: ○ As with us, not the elderly with dementia, it makes us feel more stable when we have relationships with others.
55: ○ For people with dementia, this reminiscence method is effective.
56: × In dementia, it is basic that the environment does not change so much, and it is more stable to keep familiar ones.
57: × It should be noted that changes in the environment promote dementia symptoms.
58: ○ When orientation is impaired, phenomena such as not knowing the family, not knowing the date, time and season, or not knowing where you are now occur.
59: × Let's go home together ... It's important to distract ... Stopping is counterproductive
60: ○ It is the role of the caregiver not only for the users but also for their families.
61: ○ Unless the situation is life-threatening or health-threatening, it is better not to restrict behavior for better results.
62: ○ To stabilize your emotions, it is important to treat them gently and politely.
63: ○ This is an important point. Make sure you remember the distinction from normal throat forgetting.
64: × In the case of dementia, we are not aware of these disorders.
65: ○ In principle, the long-term care plan should be made by the person who uses it and the person who cares for it.
66: × Don't take away the goods you want. Dementia gets worse and worse.
67: ○ Do not make arbitrary judgments such as "Because it is severe, you should not understand it even if you say anything." The caregiver must make an effort to communicate.
68: × Long ago, coverall pajamas were often used to prevent filth. It is inappropriate because it is now abusive.
69: ○ I think it is an appropriate act as a means of calming down.
70: ○
71: ○
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kaifuku1950

Author:kaifuku1950


カウンターカウンター


管理画面


福祉・介護ランキング
↑↑ポチッでモチベーション
 アップします

QアンドA集
QアンドA集


35回試験用問題集
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニ技術
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
心と体のしくみ
医療的ケア
総合問題




第35回筆記解答・解説
第34回筆記解答・解説
第33回筆記解答・解説
第32回筆記解答・解説
第31回筆記解答・解説
第30回筆記解答・解説
第29回筆記解答・解説
第28回筆記解答・解説
第27回筆記解答・解説
第26回筆記解答・解説
第25回筆記解答・解説
第24回筆記解答・解説







社会福祉振興センター



介護福祉士HP

介護福祉士試験QandA






年齢別理想体重評価
BMIを計算します




モデル体重に惑わされちゃ駄目!